巨大数研究 Wiki
Advertisement
巨大数研究 Wiki

BIGG (Bewilderingly Incomprehensibly Ginormous Googolism の略) は、超階乗配列表記で 200? = 200![[<1(200)2>⁅200⁆1]] と定義される数である[1]Lawrence Hollom が名付けた。また、BIGGは\(f_{\psi(\psi_{I_{\omega}}(0))}(200)\)と解析されるという主張があるが、この\(\psi\)がなんの\(\psi\)関数であるかが分からないため、解析の数学的意味は不明である。

Lawrence Hollom が名付けた巨大数の中で最大であり、実は Hollom は超階乗配列表記の発展とともに定義を変えると約束しているため、これからも常に彼の最大の巨大数である。2番目に大きな数は nucleaquaxul である。 BIGG は ゴショミティー よりも小さいかもしれないと考えられている。

出典

Advertisement