阿僧祇(あそうぎ)は\(10^{56}\)である[1]。すなわち、\(1\underbrace{000\dots000}_{56}\)である。英語では、アメリカとイギリスのshort scaleでは one hundred septendecillion となり、long scale では one hundred nonillion となる。

吉田光由の『塵劫記』では、初期の版では定義が統一されていなかったが、寛永11年版(1634)に定義が統一された [2]

  • 最小の7倍完全数は約1阿僧祇である。
  • 太陽は、約12阿僧祇個の水素原子を持つ[3]

参考サイト

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。