阿伽羅(あから)は仏教の経典である華厳経巻第四十五、阿僧祇品第三十[1]に出てくる数詞であり、中国の上数と同じように 2 乗すると次の単位になる単位系を使っているため、非常に大きな数である。高杉親知は、阿伽羅が107×25 = 10224程度であると計算した[2]。すなわち、\(1\underbrace{000 \dots 000}_{224}\)である。

コンピュータ将棋「あから」は、将棋の局面の数が 10224 に近いことに因んで命名された[3]

出典

関連項目

不可説不可説転

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。