とは、\(10^{-120}\)を意味する漢字文化圏の小数の単位である[1]

登場するのは『算学啓蒙』のみであり、『重訂算法統宗』『原本直指』『新編直指算法統宗』では1つ下の単位のと合わせて清浄という別の単位となっている。

  • 宇宙定数の理論値に対する観測値の比率は1清以下である[2][3]

出典

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。