恋符マスタースパーク数は長谷川由紀路(TwitterID @ailinko)が2018年9月13日に考案した幻想巨大数である。[1]

定義

八卦路変換

 【八卦炉変換】 n → n'


 ・Step.1

  a = 任意の自然数

  a →  a-1 a-2 a-3 … a-a


 ・Step.2

  b = ステップ1の数列

  b →  b-1 b-2 b-3 … b-b


 ・Step.3

  c = ステップ2の数列

  c →  c-1 c-2 c-3 … c-c


 ・Step.n

  以上を繰り返す。

八卦路数列

【八卦炉数列】 (H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)(A)


 ・(A)では八卦炉変換が行われる。

 ・(B)にある0以外の自然数からマイナス1の計算を1回行うにつき1回、(A)では八卦炉変換が行われる。

 ・八卦炉変換を1回とは、任意の自然数 a から a-1 a-2 a-3 … a-a という数列を作り、その数字の列を、十進数で表記されるひとつの自然数とするまである。

 ・(H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)の数列は八卦炉変換の回数を数え上げる。

 ・(H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)にはそれぞれ0か自然数が入る。

 ・(H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)の数列は、0ではない自然数のうち、最も右側の自然数についてマイナス1の計算をする。補足すると(H)(G)(F)(E)(D)(C)のいずれかでマイナス1の計算が行われるのは、その計算箇所の右側が、(A)を除いてすべて0の状態のときに限られる。さらに補足すると(B)に0ではない自然数がある場合は、必ず(B)でマイナス1の計算が行われる。

 ・(H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)の数列は、0ではない自然数がひとつしかない場合は、その自然数についてマイナス1の計算をする。※ 左右の区別がないの別途定義。

 ・(H)(G)(F)(E)(D)(C)のいずれかでマイナス1の計算が行われた場合、その箇所より右側の0はすべてマナイス1の計算をする時点での(A)の値になる。

 ・(H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)が0のフルカウントになると最終的に(A)の値が巨大数として出力される。

巨大数

【恋符マスタースパーク数】 (9)(8)(7)(6)(5)(4)(3)(2)

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。