巨大数研究 Wiki
Advertisement
巨大数研究 Wiki

恋符マスタースパーク数長谷川由紀路(TwitterID @ailinko)が2018年9月13日に考案した巨大数であり、第1回幻想巨大数参加作品である。[1] この「恋符マスタースパーク数」を出力する「八卦路数列(八卦路変換を除く)」を「(n)...(n)(n)(n)(n)(n)(n)(n)(n)」と拡張したものと同じ仕組みで動くのが「みくみく順序数」の記事にある「みくみくカウンター」である。つまり「みくみくカウンター」である。

定義

八卦路変換

【八卦炉変換】 n → n'
 

  •  Step.1

  a = 任意の自然数
  a →  a-1 a-2 a-3 … a-a
 

  •  Step.2

  b = ステップ1の数列
  b →  b-1 b-2 b-3 … b-b
 

  •  Step.3

  c = ステップ2の数列
  c →  c-1 c-2 c-3 … c-c
 

  •  Step.n

  以上を繰り返す。

八卦路数列

【八卦炉数列】 (H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)(A)

  •  (A)では八卦炉変換が行われる。
  •  (B)にある0以外の自然数からマイナス1の計算を1回行うにつき1回、(A)では八卦炉変換が行われる。
  •  八卦炉変換を1回とは、任意の自然数 a から a-1 a-2 a-3 … a-a という数列を作り、その数字の列を、十進数で表記されるひとつの自然数とするまである。
  •  (H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)の数列は八卦炉変換の回数を数え上げる。
  •  (H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)にはそれぞれ0か自然数が入る。
  •  (H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)の数列は、0ではない自然数のうち、最も右側の自然数についてマイナス1の計算をする。補足すると(H)(G)(F)(E)(D)(C)のいずれかでマイナス1の計算が行われるのは、その計算箇所の右側が、(A)を除いてすべて0の状態のときに限られる。さらに補足すると(B)に0ではない自然数がある場合は、必ず(B)でマイナス1の計算が行われる。
  •  (H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)の数列は、0ではない自然数がひとつしかない場合は、その自然数についてマイナス1の計算をする。※ 左右の区別がない場合の別途定義。
  •  (H)(G)(F)(E)(D)(C)のいずれかでマイナス1の計算が行われた場合、その箇所より右側の0はすべてマナイス1の計算をする時点での(A)の値になる。
  •  (H)(G)(F)(E)(D)(C)(B)が0のフルカウントになると最終的に(A)の値が巨大数として出力される。

巨大数

【恋符マスタースパーク数】 (9)(8)(7)(6)(5)(4)(3)(2)

余談

第1回幻想巨大数の投票で3位となった「靄齡子」名義の 魔理沙「あるぜ。それに1を足せばいいんだよ」数 はこの作品の小説部分からの切り抜きである。
 

その同人誌には『みくみく順序数』と記されていた。順序数とは、無限をこえてもそのまま数える数だ。もちろん、すべての巨大数は最小の極限順序数よりも “前に” ある。より巨大な無限を使うことで、より大きな巨大数を定義する方法が存在するのだ。私が巨大数に関心を持ったのは、実は、博麗霊夢との茶話がきっかけだった。
 「無量大数より大きな数ってあるのかなぁ‥」
 「あるぜ。それに1を足せばいいんだよ」
 「はぁ‥ もう少しまともな話が来ると思ったわ‥ つまんない」
 「わかった!ちょっくら図書館で調べてくる!」
 「ええ? ちょっと‥ 魔理沙ー!」

脚注

Advertisement