巨大数ベイクオフ大会 (Bignum Bakeoff) とは、2001年に David Meows 氏が開催したプログラミングコンテストである。 このコンテストの対象は、コンピューターが無限の資源(メモリと計算時間)を持つと仮定し、512文字以内(空白は含まない)で最大の数を返すCプログラムを書くことである。エントリーは急増加関数で評価づけられる。

注目に値すべき2つのエントリーとして、1つはグッドスタイン数列を応用した marxen.c (Heiner Marxen 作) 、もう1つは calculus of constructions 上の対角化を使用した loader.c (Ralph Loader 作) がある。

リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。