大ヴェブレン順序数(LVO)ヴァイアーマンのϑ関数を用いて \(\vartheta(\Omega^{\Omega})\) と表される順序数である。また、ブーフホルツのψ関数を用いて \(\psi_0(\Omega^{\Omega^{\Omega}})\) とも表せる。

BEAFでは\(\{\omega, \omega,2(1) 2\}\)とも表されるため、大ヴェブレン順序数は"ordinal L-space"の始まりであるが、順序数を引数に持つBEAFは定義されておらず、また順序数を用いずにBEAFの有効な表記と想定される表記に直したとしてもその領域まではBEAFは定義されていないため、厳密な意味を持たない表示である。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。