巨大数研究 Wiki
巨大数研究 Wiki
(from bot!)
2行目: 2行目:
 
さまざまな階層での例を挙げると:
 
さまざまな階層での例を挙げると:
   
*\(f_{\vartheta(\Omega^\Omega)}(n) \approx \{X,X,2 (1) 2\} \& n\) ([[急成長階層]])
+
*\(f_{\vartheta(\Omega^\Omega)}(n) \approx \{X,X,2 (1) 2\} \& n\) ([[急増加関数]])
 
*\(H_{\vartheta(\Omega^\Omega)}(n) \approx \{X,X,2 (1) 2\} \& n\) ([[ハーディー階層]])
 
*\(H_{\vartheta(\Omega^\Omega)}(n) \approx \{X,X,2 (1) 2\} \& n\) ([[ハーディー階層]])
 
*\(g_{\vartheta(\Omega^\Omega)}(n) \approx \{n,n,2(1)2\}\) ([[緩成長階層]])
 
*\(g_{\vartheta(\Omega^\Omega)}(n) \approx \{n,n,2(1)2\}\) ([[緩成長階層]])

2014年4月2日 (水) 02:06時点における版

\(\vartheta(\Omega^\Omega)\)(大ヴェブレン順序数と呼ばれる)は、方程式\(\vartheta(\Omega^{\vartheta(\alpha)}) = \alpha\)を満たす最初の順序数である。BEAFでは\(\{\omega, \omega,2(1) 2\}\)とも表されるため、大ヴェブレン順序数は"ordinal L-space"の始まりである。 さまざまな階層での例を挙げると: