ペンゲー (又はペンゴ) とは、かつてハンガリーが発行していた通貨。1927年1月21日から1946年7月31日まで使用されていた。

概要

第一次世界大戦において敗戦国となったオーストリア=ハンガリー帝国は、サン=ジェルマン条約に従い中央銀行の清算と賠償金を支払う必要に迫られ、当時流通していたハンガリーのコロナはインフレーションに見舞われた。最終的な解決策として新通貨ペンゲーが導入され、1927年に1万2500コロナが1ペンゲーに交換された。これは功を奏し、第二次世界大戦までは近隣諸国で最も安定した通貨であった。

第二次世界大戦、激しいハイパーインフレーションが発生し、ペンゲーの価値は大暴落した。1945年12月では75%の財産税を課税するなどの対策を施したもののうまくいかなかった。1946年1月1日には、アドーペンゲー (税のペンゲー) と呼ばれる納税限定の通貨が導入され、5月9日にはペンゲーの下落率をスライドさせる方式でアドーペンゲーを法定通貨と認めたが、ペンゲーが暴落するのは止まらず、最終的に1アドーペンゲーのレートは\(2\times10^{21}\)ペンゲー程度で取引されていた。またアドーペンゲーはペンゲーに対してのみ優位性がある通貨であり、対外的に価値の低い通貨な事に変わりはなかった。最終的に、1946年8月1日に新通貨フォリントが導入され、1フォリントが\(4\times10^{29}\)ペンゲーで交換されるデノミネーションの実施により、ようやくハイパーインフレーションは終焉した。

通貨

Százmillió B.-Pengő (1020ペンゲー) 紙幣

1フォリントが\(4\times10^{29}\)ペンゲーで交換されるデノミは、全ての通貨のデノミで史上最大である。近代では最悪のインフレーションが生じたジンバブエ・ドルでさえ、3回に分かれたデノミをすべて統合しても\(10^{25}\)であった。

ペンゲーが市場価値の暴落に対応して新たに発行する通貨は、全ての数値を桁数表示するのではなく、短縮表記としてmilpengő\(=10^{6}\)pengőやb.-pengő \(=10^{12}\)pengőが使用された。実際に使用され発行された紙幣はSzázmillió B.-Pengő[注釈 1]であり、これは\(10^{20}\)ペンゲーを意味する。しかしながら市場流通されなかったものの、実際に印刷された紙幣としてはEgymilliárd B.-Pengő[注釈 2]であり、これは\(10^{21}\)ペンゲーを意味する。これらはいずれも、史上最高の額面を持つ紙幣である[1][注釈 3]

インフレ率

数あるハイパーインフレーションの中でも、ペンゲーのインフレ率は史上最悪とみられている。1946年7月には1ヶ月当たりのインフレ率が\(1.30\times10^{16}\%\)、1日当たりでさえ\(195\%\)という天文学的な数値となっている[2]。月率を年率に換算すると\(3.38\times10^{198}\%\)となる。これは13時間7分ごとに物価が2倍になる計算となる。

注釈

  1. Száz=102 + Millió=106 + b.=1012
  2. Egy=100 + Milliárd=109 + b.=1012
  3. ただし、短縮表記が使用されていない中で最高の額面を持つ紙幣は100000000000000ジンバブエ・ドルである。

出典

  1. "史上最高額のお札 ハンガリー 10垓ペンゴ." 独立行政法人 国立印刷局 お札と切手の博物館
  2. Steve H. Hanke. (Jun 25, 2008) "R.I.P. Zimbabwe Dollar." Cato Lnstitute.

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。