ペタファクスルは、階乗を使って(((((200!)!)!)!)!)!と表される数である。[1]Lawrence Hollomにより命名された。これはネスト階乗表記を用いて 200!6とも表せる。

語源

この数の名前はSI接頭辞の「ペタ」とファクスルから名付けられた。

近似

表記 近似
指数表記 \(10^{10^{10^{10^{10^{10^{379}}}}}}\)
矢印表記 \(10 \uparrow 10 \uparrow 10 \uparrow 10 \uparrow 10 \uparrow 10 \uparrow 379\)
チェーン表記 \(10 \rightarrow (10 \rightarrow (10 \rightarrow (10 \rightarrow (10 \rightarrow (10 \rightarrow 379)))))\)
BEAF \(\{10,\{10,\{10,\{10,\{10,\{10,379\}\}\}\}\}\}\)
急増加関数 \(f_2(f_2(f_2(f_2(f_2(f_2(1235))))))\)
ハーディー階層 \(H_{(\omega^2) 6}(200)\)
緩増加関数 \(g_{\omega^{\omega^{\omega^{\omega^{\omega^{\omega^\omega}}}}}}(200)\)

出典

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。