ブーガ(booga-)とは n を元に \(n\uparrow^{n-2}n\) を表す接頭辞である[1]

これは「nnn-エーションした」と表現することもできる。「555-エーション(ペンテーション)する」や「666-エーション(ヘキセーション)する」など。これはギリシャ語で 5 をペンタ、6 をヘキサと呼ぶことからハイパー演算子の各段階が名付けられていることに由来する。

この数はSbiis Saibianによって名付けられた。

ブーガはアッカーマン関数アッカーマン数に深く関連する。

ここにいくつかの例を示す。

擬似コード

function hyper(a, b, n):
    if n = 0:
        return a + b
    result := b
    repeat b - 1 times:
        result := hyper(result, b, n)
    return result

function booga(n):
    return hyper(n, n, n)

出典

こちらもどうぞ

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。