ドデケーション矢印表記で\(a \uparrow^{10} b\)と表される関数である。[1]\(a \uparrow^{10} b\)=\(a \uparrow^{9} a \uparrow^{9} a ... a \uparrow^{9} a\)、b個の\(\uparrow^{9}\)となる。

ドデケーションでは配列表記では{a,b,10}、チェーン表記では\(a \rightarrow b \rightarrow 10\)、ハイパーE表記ではE(a)1#1#1#1#1#1#1#1#1#bと表される。

急増加関数での増加率は\(f_{11}(n)\)ほど。

出典

  1. Aarex Hyper Operators[リンク切れ]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。