トリテット・ジュニア (Tritet Jr.) とは矢印表記で \(4 \uparrow\uparrow 4\) [1]、またはBEAFで \( \lbrace 4,4,2 \rbrace \) [2] と等しい。この数はもともとトリテットと呼ばれていたが、 Jonathan Bowers がさらに大きな数をトリテットと名付けた。この数は Sbiis Saibian によって再命名された。 Alistair Cockburn のメガフガ接頭辞を使うと、この数はメガフガフォー (megafugafour) となる[3]

この数の十進表記は 23610226714597313206............36860456095261392896 となる。

出典

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。