Fandom


デューパーデカル (duperdecal) またはイテラルプレックス (iteralplex) は、BEAFで \( \{ 10, \mathrm{iteral} \mathbin{(1)} 2 \} \) と等しく[1]配列次元演算子を使うと \( \mathrm{iteral} \mathbin{\&} 10 \) と書くことができる。ここで \( \mathrm{iteral} \) はイテラルのことである。 Jonathan Bowers が名付けた。

他の記法による近似と正確な値

記法 近似
バードの配列表記 \( \{ 10, 3, 2 [2] 2 \} \) (exactly equal)
連鎖E表記 \( 10 \# \text{^} \# 10 \# 3 \)
超階乗配列表記 \( 3![ 2, 1, 1, 2 ] \)
急増加関数 \( f_{\omega^{\omega}} ( f_{\omega^8} ( 10 ) ) \)
ハーディー階層 \( H_{\omega^{\omega^{\omega}}+{\omega^{\omega^{8}}}} (10) \)

出典

  1. Bowers, JonathanInfinity Scrapers. Retrieved January 2013.
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。