セクスビジンティリオン (sexvigintillion) またはセスビジンティリオン (sesvigintillion) は、ショートスケールで \(10^{81}\) 、ロングスケールで \(10^{156}\) である。Sexvigintillion はローレットの命数法により[1]、 sesvigintillion はコンウェイの命数法による [2][3][4][5]

様々な英語のサイトで、sexvigintillion あるいは sesvigintillion という名前が出典なしに記載されていることから、いずれの表記もともに広まっている表記であるとみられる。


出典

  1. Names for Large Numbers (Internet archive, archived at 6 June, 2002)
  2. Extensions to the -illions I: Henkle, Conway, and Rowlett
  3. Conway and Guy. (1995) "The book of Numbers" Copernicus
  4. コンウェイ、ガイ (著)、根上生也 (訳)(2012)「数の本」丸善出版
  5. The Conway-Wechsler System
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。