Fandom


  • Kyodaisuu
    このスレッドは Kyodaisuu が以下の理由により閉鎖しました:
    コミュニティ管理方針を制定するという目的が達成されたため
    2020年1月28日 (火) 15:16

    コミュニティの意思決定を受けた管理方針については、ウィキア全体の方針はあっても、このコミュニティ内には(少なくとも明文化されたものは)ないという状況があります。特に、アドミンによる削除権限の使い方に関する議論が、このコミュニティ内ではほとんどされてきませんでした。それでも、常識的な範囲で特にトラブルもなく運営がされていましたが、削除をめぐるトラブルも生じてきました。

    そこで、このスレッドで管理方針について話し合って、なんらかの管理方針文書を作ろうと思います。まずは、管理方針に必要な要件について、皆様の意見を伺った上で、案を考えてここにアップします。意見のある方は、このスレッドに書き込んでください。


    追記

    コミュニティ管理方針(案)

    1. 目的:この文書は、このコミュニティ(巨大数研究Wiki)の運営を円滑にするための約束事をまとめたものです。ブログやコメントを含むコミュニティのすべての文書は、この管理方針に従って管理されます。
    2. ユーザーの心得:ユーザーはFandomの利用規約を遵守します。人権を尊重し、法律及びCC-BY-SAライセンスの取り決めを遵守します。また、ユーザーはこの管理方針に基づくコミュニティの意思決定に従うものとします。
    3. アドミンの心得:アドミンの役割はアドミン利用ガイドおよびアドミニストレーターとしてのベストプラクティスを参照してください。コミュニティの意思決定において、アドミンは一般ユーザーと対等です。
    4. 記事の削除:記事・ブログ記事・ユーザー記事・コメント等(以下「記事」と称する)の削除は次の手順に従います。
      1. 削除依頼:ユーザーは削除依頼のページにて記事の削除依頼ができます。(そのほかにも、記事中に削除して欲しい旨を記載する、特定のアドミンに直接依頼する、など、アドミンに削除の意思が伝わる方法ならいかなる方法でも削除依頼が可能です。) 投稿者によって削除依頼がされた記事は「即時削除」の方法で削除されます。それ以外の場合で、アドミンが削除のためにコミュニティの同意が必要であると考えた場合はアドミンが削除依頼のページでの議論または「削除提案」を提起します。
      2. 即時削除:以下のいずれかに該当し、アドミンが削除が必要であると判断したときには、「削除の手順」に従って削除が実施されます。
        1. 利用規約違反:Fandomの利用規約に反する記事
        2. 公序良俗違反:公序良俗に反する記事
        3. 投稿者依頼:投稿者から削除依頼があったとき、あるいはアドミンが自らの投稿を削除するとき
      3. 削除提案:ユーザーがある記事の削除の必要性を感じるときに、削除提案をすることができます。削除提案がされているページの一覧はカテゴリ:削除候補で確認できます。なお、削除提案をする前に、投稿をした人のユーザーページのメッセージウォールでフレンドリーなガイドをすることが、よりふさわしいかどうかを検討してください。削除提案は、次の手順に従います。
        1. 記事を編集して、削除理由とともに削除タグを{{削除|<削除理由>}}のようにその記事に記入します。
        2. 削除提案に同意できないユーザーは、「削除の議論」の手順にしたがって議論を開始するか、記事を書き直して、削除タグを取り除きます。
        3. 前項によって書き直された記事に対してさらに削除提案をする場合には、再度削除タグを記入した上で、「削除の議論」に従って議論をします。
        4. 削除タグが記入されてから240時間「削除の議論」が開始されなければ、アドミンが「削除の手順」に従って削除します。ただし、アドミンが「即時削除」に相当すると判断したときには即時削除が実施されます。
      4. 復帰:即時削除された記事について、削除に正当性がないと考えるアドミンは、その記事を復帰して削除タグをページに記入し、削除候補で即時削除をしたアドミンに削除理由の説明を求めます。その後は「削除の議論」に従います。
      5. 削除の議論削除候補に、削除を提案する理由、あるいは削除に同意できない理由を記入して議論をします。議論が収束したところで、アドミンが「削除の手順」にしたがって削除を実行するか、ユーザーが削除タグを取り除きます。議論が収束しない場合には、削除候補のページにおけるユーザーによる投票で決します。削除依頼のページで議論が発生したときにも同様とします。
      6. 削除の手順:アドミンが削除の手順に従って削除します。ここで「他の、または追加の理由」の欄には、デフォルトでは削除しようとしているページの内容が記載されていますが、不適切な内容が含まれる場合には、履歴に残らないようにその内容は消去して削除理由を記載します。ただし、荒らしによる大量の投稿を削除する場合は内容消去の作業を省略できます。
      7. 削除の記録:削除履歴は最近の更新あるいは削除記録で確認できます。
    5. 編集の差し戻し:ユーザーが編集が不適切であると判断したときに、リバートの手順に従って差し戻しをすることができます。ただし、差し戻しに対する差し戻しが連続するような事態は避けて、当該ページのコメント欄あるいはお互いのユーザーページのメッセージウォールで議論をします。ロールバック(巻き戻し)権限を持つアドミンがロールバックをすることもできますが、ロールバックの機能は荒らしのリバート、あるいは自らの投稿のリバート以外には用いてはなりません。
    6. 改正:この管理方針の改正は、フォーラムの議を経て行います。改正案に対して240時間以内に反対意見がなければ、承認されたものとします。議論が収束しないときには投票で決めます。
      エディタを読み込んでいます
    • 前提とする原則として、

      1. 人権を重んじる
      2. 日本およびカリフォルニア州の法を遵守する
      3. FANDOMの指針を遵守する
      4. CC-BY-SAライセンスの取り決めを遵守する

      を提案します。これらはあえて書くまでもないことですが、細かい議論の上では原則として掲げる意義があることだと思います。

        エディタを読み込んでいます
    • 最初に原則を書くことは重要ですね。ご意見ありがとうございます。

        エディタを読み込んでいます
    • ちなみに法の遵守というのは六法全書等を一読するとか法学部に入学するという意味ではなく、「自分はさすがに法に触れることはしていないだろう」と自覚できるような管理をするという趣旨です。(これも言うまでもないことだと思いますが、念のため)

        エディタを読み込んでいます
    • Fandom 全体の方針は、アドミンは操作権限が与えられているだけで、基本的な意思決定は全ユーザーが同列に行うべき、という感じですね。

      w:c:ja.community:ヘルプ:アドミニストレーターとしてのベストプラクティスを読むと、解決方法として投票を行うのがいいと書いていました。基本的に匿名投票のようです。w:c:ja.community:ヘルプ:投票

      良い例として書かれているスターウォーズファノンの削除ポリシーはこんな感じでした→スターウォーズファノンの削除ポリシー 即削除、議論して削除、の2パターンですね。

      ひとつ適当に考えてみた運用例を書いておきます。特に特殊なところはなく、普通の運用を文章化しただけですが。

      1. ガイドラインの明示
        1. 削除権限のないユーザーによる削除依頼先の明示
        2. 削除ポリシーの明示
      2. アドミンが明らかに削除が必要であると判断した時 → アドミンが即削除
      3. 下記に当てはまる場合は Delete Discussion のページ(*1)に書いて議論する。
        1. アドミンが削除が必要ではないかと考えたが意見を求めたい時
        2. アドミンが他のアドミンによる削除に正当性がないと考えた時
        3. 削除権限のないユーザーが削除依頼をする時
      4. 結論が収束すれば実行
      5. 議論が非停止の場合は匿名投票で決定

      以上です。(*1) はまだこのWikiにはないと思いますが、 ディスカッションを使えばいいのかなと思いました。投票機能もあります。

        エディタを読み込んでいます
    • p.s. ディスカッション、MacのChromeとSafariでは記事作成ができませんでした。壊れているようです。

      下記は投票のテストです。pollタグを使って任意のページやコメントに投票が作れるようです。適当に押してみてください:

      投票のテスト
       
      2
       
      3
       
      2
       
      2
       

      この投票は 2020年1月12日 21:45 に作成され、これまでに9人が投票しました。
      • 同じ投票の異なる選択肢に再投票すると投票が移動するようです。
      • 記事の編集でpollタグの中を編集すると投票がリセットされるようです。
        エディタを読み込んでいます
    • 4について、3-2は「結論が収束すれば実行」ではなく「一旦実行を差し戻した上で、結論が実行に収束すれば実行、しなければ保留」とすべきだと思います。何故なら削除に合意が取れていない状況だからです。

        エディタを読み込んでいます
    • IEでCに投票したのですが、リロードするとリセットされてしまいますね・・。

        エディタを読み込んでいます
    • 削除ポリシーに関してですが、僕が挙げた4事項に反するもの、ハラスメント行為、荒らし行為に対しては

      • 新規の投稿は削除
      • 既存の投稿に対する変更は差し戻し

      で良いと思います。

      また

      • 削除の正当性が疑われている状況で、削除の理由すら提示せずに削除を繰り返す
      • 削除の正当性を当事者間の問題と主張して、他のアドミンによる差し戻しへ拒絶を示す

      はFANDOMの方針を無視しており、十分荒らし行為に相当すると思います。アドミンがモラルを持って管理を行う必要があることは当然の前提であり、今後もこのような権限濫用が続くようであればアドミン権限を剥奪すべきであると考えます。

      削除時のアドミンには

      • 削除理由を明記する
      • ハラスメント投稿の削除には、要約を記入する等の方法で削除前のハラスメント投稿が要約に残らないようにする

      が要求されていますので、最低限これらは守る必要があります。例外として、同時に複数の(具体的下限は議論の上で)削除を行う場合は省略する、のような規則を設けると良いと思います。

      また上記以外の建設的な削除(分岐した記事の統合等を目的としたHousekeeping)に関しては、何らかの方法(統合後の記事の要約欄に元の記述の執筆者を羅列するか、専用の履歴をトークページ等に残す)で執筆者の尊重を行うことが望ましいです。それが難しい場合は、サイトポリシーにあらかじめそれを行わないことを明記し、執筆者はそれに同意した上で執筆を行う、という体裁にすることも可能です。(よく誤解されますが、wikiであってもCC-BY-SAであっても執筆者は著作権の譲渡を行っておりません。コピー・統合においても適切な引用が要求されます)

        エディタを読み込んでいます
    • p進さんが書かれた4条件に違反することは、すべてFandom の利用規約に違反するので「Fandom の利用規約に違反する投稿は即時削除」と一言でまとめることができますね。

      https://www.fandom.com/terms-of-use

      これの日本語版はないのでしょうかね。まあ、これをリンクしておけばいいですかね。

        エディタを読み込んでいます
    • 投票は、私もリロードすると投票が消えます。iPad と macOS + Chrome で同様でした。

        エディタを読み込んでいます
    • 大枠は koteitan さんの提案の感じですかね。「よくある間違い」の中に「数多くのポリシーを適用しすぎる」というのがあるので、あまり複雑になりすぎないようにはしたいところです。

        エディタを読み込んでいます
    • {{削除}}タグを入れると、このように表示されます。

      1. アドミンが削除が必要ではないかと考えたが意見を求めたい時
      2. アドミンが他のアドミンによる削除に正当性がないと考えた時
      3. 削除権限のないユーザーが削除依頼をする時

      については、

      {{削除}}をページに記入する。利用規約に違反していることが明白な場合を除いて、削除が必要な理由については Category talk:削除候補 で説明する。

      といった感じでしょうか。

        エディタを読み込んでいます
    • 「アドミンが他のアドミンによる削除に正当性がないと考えた時」については、すでに削除がされてしまっているわけなので、復帰してからあらためて削除タグを貼ることになりますね。

        エディタを読み込んでいます
    • 投票は匿名にする必要ありますかね?Category talk:削除候補のページに直接書き込むことで投票でも良いかと思います。

        エディタを読み込んでいます
    • 削除権限がなくても自分が行った変更・作成に限って差し戻すことができるようにはできませんか?

        エディタを読み込んでいます
    • > p進さんが書かれた4条件に違反することは、すべてFandom の利用規約に違反するので「Fandom の利用規約に違反する投稿は即時削除」と一言でまとめることができますね。

      FANDOMの利用規約は目的の有無が焦点に当てられているので、例えば違法性のある書き込みも「法を犯すことを目的としていなかった」という論点が考えられるため、書かせていただきました。また人権侵害については、性愛性や民族性に限っていないつもりです。

      ただ複雑すぎても運用しにくいので、「Fandom の利用規約に違反する投稿は即時削除」で十分であるという見解には同意します。代替案として「Fandom の利用規約や公序良俗に反する投稿は即時削除」も提案します。

      > これの日本語版はないのでしょうかね。

      こちらです。

      > 「よくある間違い」の中に「数多くのポリシーを適用しすぎる」というのがあるので、あまり複雑になりすぎないようにはしたいところです。

      それは主に作りたてのwikiに関するものですし、問題が起きる前に多くのポリシーを考案することを避けるべきと書いているだけです。特にユーザーに対してではなくアドミンに対してはある程度(既にこのフォーラムで議論がされている程度の分量なら)しっかりと書くことは問題でないと思います。もちろん、簡潔で済むなら賛成です。

        エディタを読み込んでいます
    • Mitsuki1729さん

      直前の編集を元に戻すということでしたら「履歴」から「undo」で元に戻すことができます。作成したページを削除するためには、削除タグを貼って削除を希望する理由を書き込んでもらう、という運用になると思います。

        エディタを読み込んでいます
    • P進大好きbotさん

      > 例えば違法性のある書き込みも「法を犯すことを目的としていなかった」という論点が考えられるため

      「違法もしくは許可されていないコンテンツの投稿、または違法もしくは許可されていない目的のための利用」

      と「または」でつながれているので、目的としていなくても違法性のある書き込みはアウトです。利用規約を書いた上で、4条件を特記してもいいですね。

      > 特にユーザーに対してではなくアドミンに対してはある程度(既にこのフォーラムで議論がされている程度の分量なら)しっかりと書くことは問題でないと思います。もちろん、簡潔で済むなら賛成です。

      そうですね。なるべく簡潔にしたいところですが、しっかりと書くべきところは書いておけば、運用がスムーズになると思います。

        エディタを読み込んでいます
    • 公序良俗は、法律よりも上位概念で人権を含むようですね。利用規約には法律と著作権が含まれていて、さらに利用規約違反が明白でなくても公序良俗に反すると多くのユーザーが考える投稿は即時削除、ということで、「Fandom の利用規約に反する投稿、公序良俗に反する投稿は即時削除」でいいですかね。

        エディタを読み込んでいます
    • @ふぃっしゅさん

      いずれも同意します。ただ「利用規約を書いた上で」は「FANDOMの利用規約へのリンクを掲載した上で」の方が確実かつ簡潔で良いと思います。

        エディタを読み込んでいます
    • そうですね。その意味でした。

        エディタを読み込んでいます
    • 骨組みを作りました。引き続きご意見をお願いします。

      1. 原則:ユーザーはFandomの利用規約を遵守する。人権を尊重し、法律及びCC-BY-SAライセンスの取り決めを遵守する。コミュニティの意思決定において、アドミンは一般ユーザーと対等である。
      2. 即時削除:Fandom の利用規約に反する投稿、公序良俗に反する投稿であり、アドミンが削除が必要であると判断した時。あるいは、アドミンが自らの投稿を削除する時。w:c:ja.community:ヘルプ:削除の手順に従う。削除理由は必ず記入する。ただし、荒らしによる大量の投稿を削除する場合は削除理由の記入を省略できる。
      3. 削除提案:ユーザー(アドミンを含む)が削除の必要性を感じて提案をするとき。自らの投稿を削除依頼する場合も含む。{{削除}}タグをページに記入し、Category talk:削除候補で削除理由を説明する。その後は「削除の議論」へ。利用規約違反が明白な場合は、削除理由の説明を省略することができるが、他のユーザーに説明を求められたら説明をする。
      4. 編集の差し戻し:編集が不適切であると判断したときに、差し戻しをすることができる。w:c:ja.community:ヘルプ:リバートに説明されているように、編集の取り消し(リバート)は誰にでもできる。ただし、差し戻しに対する差し戻しが連続するような事態は避けて、当該ページのコメント欄あるいはお互いのウォールで議論をする。ロールバック(巻き戻し)権限を持つアドミンがロールバックをすることもできるが、ロールバックの機能は荒らしのリバート、あるいは自らの投稿のリバート以外には用いない。
      5. 復帰:即時削除について、削除に正当性がないと考えるアドミンは、その投稿を復帰して{{削除}}タグをページに記入し、Category talk:削除候補で即時削除をしたアドミンに削除理由の説明を求める。その後は「削除の議論」へ。
      6. 削除の議論:Category talk:削除候補の議論が収束したら、削除を実行するか、{{削除}}タグを取り除く。議論が収束しない場合には、Category talk:削除候補のページの投票で決める。

      p進さんの「ハラスメント投稿の削除には、要約を記入する等の方法で削除前のハラスメント投稿が要約に残らないようにする」という投稿がありましたが、この「要約」というのは「削除理由」とは別でしょうか?

        エディタを読み込んでいます
    • 同じで良いです。削除理由さえ書き忘れなければ大丈夫です。

      この提案の根拠は、FANDOM公式のVSTFスタッフの規約

      • スパム記事やその他の荒らし記事の部分を削除する場合、編集内容の要約に自動で挿入される「節の名前:」は上書きすること。最近の更新や履歴ページで、不適切な内容が表示されないようにするためです

      と書いてあることです。スパム記事や荒らし記事の中でも特にハラスメント投稿は、要約欄に不適切な内容が残ることによる権利侵害が深刻なものとなりえます。

      編集内容はそもそも基本的に書くべきであることの根拠についてはこちらをご参照下さい。

        エディタを読み込んでいます
    • なるほど、わかりました。

      「他の、または追加の理由」の欄には、デフォルトでは削除しようとしているページの内容が記載されているが、その内容は消去して削除理由を記載する。

      くらいの説明は必要そうです。

        エディタを読み込んでいます
    • 骨組みを更新しました。

      1. 原則:ユーザーはFandomの利用規約を遵守する。人権を尊重し、法律及びCC-BY-SAライセンスの取り決めを遵守する。ユーザーはこの管理方針に基づくコミュニティの意思決定に従う。コミュニティの意思決定において、アドミンは一般ユーザーと対等である。
      2. 削除
        1. 即時削除:Fandom の利用規約に反する投稿、公序良俗に反する投稿であり、アドミンが削除が必要であると判断した時。あるいは、アドミンが自らの投稿を削除する時。「削除の手順」に従う。
        2. 削除提案:ユーザー(アドミンを含む)が削除の必要性を感じて提案をするとき。自らの投稿を削除依頼する場合も含む。{{削除}}タグをページに記入し、Category talk:削除候補で削除理由を説明する。その後は「削除の議論」へ。利用規約違反が明白な場合は、削除理由の説明を省略することができるが、他のユーザーに説明を求められたら説明をする。
        3. 復帰:即時削除について、削除に正当性がないと考えるアドミンは、その投稿を復帰して{{削除}}タグをページに記入し、Category talk:削除候補で即時削除をしたアドミンに削除理由の説明を求める。その後は「削除の議論」へ。
        4. 削除の議論:Category talk:削除候補の議論が収束したら「削除の手順」にしたがって削除を実行するか、{{削除}}タグを取り除く。議論が収束しない場合には、Category talk:削除候補のページの投票で決める。
        5. 削除の手順:アドミンがw:c:ja.community:ヘルプ:削除の手順に従って削除する。ここで「他の、または追加の理由」の欄には、デフォルトでは削除しようとしているページの内容が記載されているが、履歴に不適切な内容が含まれないようにするために、その内容は消去して削除理由を記載する。ただし、荒らしによる大量の投稿を削除する場合は削除理由の記入を省略できる。
      3. 編集の差し戻し:編集が不適切であると判断したときに、差し戻しをすることができる。w:c:ja.community:ヘルプ:リバートに説明されているように、編集の取り消し(リバート)は誰にでもできる。ただし、差し戻しに対する差し戻しが連続するような事態は避けて、当該ページのコメント欄あるいはお互いのウォールで議論をする。ロールバック(巻き戻し)権限を持つアドミンがロールバックをすることもできるが、ロールバックの機能は荒らしのリバート、あるいは自らの投稿のリバート以外には用いない。
        エディタを読み込んでいます
    • あとはユーザーにアドミンが上記方法で管理することを了承した上で投稿してもらうことを明記したほうが良いかもしれませんがいかがでしょう? アドミンでないユーザーは1しか直接は関係ないので2・3を読まずに後で揉める、ということを避けるためにも「2・3を読まなくていいけど2・3の遂行には同意してもらう」という旨を1に書いた方が無難な気がします。例えば「FANDONの利用規約および以下の管理方針を遵守する」みたいに。

        エディタを読み込んでいます
    • 「ユーザーはこの管理方針に基づくコミュニティの意思決定に従う」ですかね。

        エディタを読み込んでいます
    • 編集で入れてみました。

        エディタを読み込んでいます
    • 改正条項も必要ですね。

      この管理方針の改正は、フォーラムで提案をする。改正案に対して72時間以内に反対意見がなければ、承認されたものとする。議論が収束しないときには投票で決める。

      といったような感じでしょうか?制定時にも同じ規定を使おうかと思います。なお、まだ草案を作成している段階なので、提案はしていません。

        エディタを読み込んでいます
    • {{削除}}タグをページに記入し、Category talk:削除候補で削除理由を説明する。

      と書きましたが、テンプレートでは

      もし、削除に同意できない場合は、 Category talk:削除候補でその理由を説明するか、ページを書き直して、{{削除}}タグを取り除いてください。

      とあるので、どちらかというと削除の議論は「削除に同意できないとき」のものですかね(もちろん、テンプレートを書き換えることは可能ですが)。テンプレートにあわせるならば、

      {{削除}}タグをページに記入し、その編集における「編集内容の要約」に削除を提案する理由を記入する。削除に同意できない場合は、 Category talk:削除候補でその理由を説明するか、ページを書き直して、{{delete}}または{{削除}}タグを取り除く。

      としましょうか。

        エディタを読み込んでいます
    • あとはメイン記事だけでなくブログ記事やコメントもこのような管理の対象であることも明言したほうが良さそうですね。

        エディタを読み込んでいます
    • 投票機能ダメそうですね。コメントにての投票で結構だと思います。

        エディタを読み込んでいます
    • 管理方針の草案の作成ありがとうございました。内容について特に異論ありません。

        エディタを読み込んでいます
    • 削除理由の説明について、英語版GWikiでは、と書くことでテンプレートに削除を提案する理由を書くことができますが、この機能は使えないのですか?
        エディタを読み込んでいます
    • テンプレートを書き換えて、できるようにしましょうかね。Gwikiテンプレートの該当箇所は

      {{#if:{{{1|}}}|<nowiki/> The reason given is: {{{1}}}.|No reason was given for its deletion.}}

      なので

      {{#if:{{{1|}}}|<nowiki/> 削除理由は: {{{1}}}.|削除理由が記入されていません。}}

      としてみます。

        エディタを読み込んでいます
    • Kyodaisuu が記載: どちらかというと削除の議論は「削除に同意できないとき」のものですかね

      ここ w:c:ja.community:コミュニティセントラル:削除提案 を読むと普通に削除提案用のテンプレで、もし賛同できないならここで、という意味に読めました。 {{削除|削除理由}} と削除理由を付記する引数もありますし。

        エディタを読み込んでいます
    • テンプレートを更新しました。このようになりました。

      {{削除|<ここに削除理由を記入>}}

      {{削除}}

        エディタを読み込んでいます
    • なお、管理方針が制定されたら管理方針へのリンクもテンプレートに記入します。

        エディタを読み込んでいます
    • >rpakrさん

      スレッド:4566#27 の 2-2 で使おう、という話になっています。

        エディタを読み込んでいます
    • rpakrさんの質問の趣旨は、削除タグに削除理由を書けないのはなぜか、ということでした。テンプレートを更新して書けるようにしたので、削除タグを貼るときには削除理由をタグに記入するということを、方針に明記しようかと思います。

        エディタを読み込んでいます
    • ちなみに僕は英語版wikiに削除理由込みのテンプレートいくつか作って使ってます。もし仮に同じ理由での削除タグが多発するようなら同様のテンプレートを作っても良いかもしれませんね。(現状は不要だと思います)

        エディタを読み込んでいます
    • 大筋はできてきたので、原案の作成にかかります。

        エディタを読み込んでいます
    • 「コミュニティ管理方針」の案を提案します。原案は、この投稿の本文を編集して追記しました。細かい文言に齟齬はないか、はじめて読む人に分かりやすい文章となっているか、誤読可能な表現となっていないか、といったようなことを含めて、チェックをお願いします。

      改正条項に従って、この投稿から72時間反対意見がなければ承認されたものとします。修正意見に基づいて修正案を提案した時には、修正案を提案してから72時間となります。

        エディタを読み込んでいます
    • 投稿者依頼と本人削除は別に分ける必要がないかと思います。

        エディタを読み込んでいます
    • 分けない場合ってアドミンが自分のウォールに「削除お願いします」って書く必要がある感じになっちゃいませんかね?

        エディタを読み込んでいます
    • 本人削除を投稿者依頼に含めて考えることもできますが、本人削除という概念を記入しておく方がわかりやすいかと思いました。

        エディタを読み込んでいます
    • Kyodaisuu が記載:

      記事の削除:記事の削除は次の手順に従います。

      単に「記事」と書くと、通常の記事のみを指しているのか、それともブログ記事・ユーザー記事・コメント等も含むのかが曖昧なので、

      記事の削除:記事・ブログ記事・ユーザー記事・コメント等(以下「記事」と称する)の削除は次の手順に従います。

      と書いた方が明確だと思います。


      Kyodaisuu が記載:

      ここで「他の、または追加の理由」の欄には、デフォルトでは削除しようとしているページの内容が記載されていますが、履歴に不適切な内容が含まれないようにするために、その内容は消去して削除理由を記載します。

      削除が行われる理由が、内容が不適切であるという理由ではなかった場合(例えば、出典が存在しない巨大数の記事を削除する場合や、アドミンが自らの投稿を削除する場合など)にも、この作業を行うことを義務付ける必要はないと思います。

        エディタを読み込んでいます
    • Rpakr さん

      記事の削除:記事・ブログ記事・ユーザー記事・コメント等(以下「記事」と称する)の削除は次の手順に従います。

      これはいいですね。

      ここで「他の、または追加の理由」の欄には、デフォルトでは削除しようとしているページの内容が記載されていますが、不適切な内容が含まれる場合には、履歴に残らないようにその内容は消去して削除理由を記載します。

      に変えてみましょうかね。

        エディタを読み込んでいます
    • 4-1 については

      3. 投稿者依頼:投稿者から削除依頼があったとき、あるいはアドミンが自らの投稿を削除するとき
      

      のようにまとめて、本人削除が投稿者依頼に含まれることを明確にするという手もありますね。

      削除ボックスの「理由」のドロップダウンメニューには「投稿者依頼」が含まれているので、このように明確にしておくことで、本人削除がドロップダウンからの選択だけで済むようになるというメリットがあり、その方がいいですかね。

        エディタを読み込んでいます
    • その方がよいと思います。

      ユーザーが自らの記事の削除の必要性を感じたときには、(アドミンにメッセージウォールなどで伝えるのではなく)削除提案をしなければならないのですか?

        エディタを読み込んでいます
    • 即時依頼の項目にある投稿者の削除依頼は「削除提案」とは書いてないのでメッセージウォールでいいと読めると思います。

        エディタを読み込んでいます
    • そうですね。削除依頼の手段を限定する規定はないので、削除依頼の事実が確認できれば十分です。

        エディタを読み込んでいます
    • これまでに出た意見をもとに修正案を作成しましたので提案します。修正箇所に応じて、他の箇所も若干変えました。

        エディタを読み込んでいます
    • 記事の追加に関する規定は定めないのですか?

        エディタを読み込んでいます
    • どんな感じの規定が必要そうですか?(今のところは、ユーザーの心得が実質その規定ですね) 巨大数に関係ないものはなるべく避ける、とかそういう規定ですかね。

        エディタを読み込んでいます
    • 記事執筆ガイドのようなものはあってもいいです。 それは、誰かが作成したものをみんなで編集していけば良くて、フォーラムで承認とかはしなくてもいいですね。 いいものができたら、管理方針にその文書へのリンクを追加してもいいです。

        エディタを読み込んでいます
    • [1]

      とか参考になりそうです。

        エディタを読み込んでいます
    • 誰かがさっと案を書いてそれが承認されれば入れてもいいですし、急ぎでなければとりあえず今回は原案を承認して、必要に応じて後日追加でもいいですね

        エディタを読み込んでいます
    • 少なくとも記事の基準とかはこのコミュニティにおいてはこれまで深く問題になってこなかったことも踏まえて、個人的にあまり迅速な対応はしなくてもいいんじゃないかなって気がしています。現状はどちらかというとユーザーページとブログ記事主体のコミュニティだと思いますし。

        エディタを読み込んでいます
    • Kyodaisuu が記載: そうですね。削除依頼の手段を限定する規定はないので、削除依頼の事実が確認できれば十分です。

      4.2に以下のように書いてありますが。

      Kyodaisuu が記載: ユーザーがある記事の削除の必要性を感じるときに、削除提案をすることができます。自らの投稿を削除依頼する場合も含みます。

      「削除提案」という語を使っているので、テンプレートを使う通常の削除提案の手順に従わなければならないと解釈されると思います。

        エディタを読み込んでいます
    • この文章に書かれていることは、削除提案の手続きによって削除依頼をすることが可能であるということであって、削除提案の手続き以外の方法で削除依頼ができない、とは書いていません。ですが、そのように誤読される可能性が高いのであれば、どう書きましょうかね。

        エディタを読み込んでいます
    • 削除依頼は、別項目にしましょうか。

      1. 削除依頼:ユーザーは、自らの記事を削除して欲しい意思を表明することで、削除依頼をすることができる。「削除提案」の方法によって削除依頼をすることも可能である。

      のような感じでしょうか。

        エディタを読み込んでいます
    • 記事の削除:記事・ブログ記事・ユーザー記事・コメント等(以下「記事」と称する)の削除は次の手順に従います。

      1. 即時削除:以下のいずれかに該当し、アドミンが削除が必要であると判断したときには、「削除の手順」に従って削除が実施されます。
        1. 利用規約違反:...
        2. 公序良俗違反:...
      2. 投稿者依頼による削除:ユーザーが、自らの投稿を削除してほしいと望む場合、アドミンにメッセージウォールなどでその旨を伝えることができます。削除依頼がされた場合、アドミンは即時削除と同じ手順で削除を実施します。削除提案をすることも可能です。
      3. 削除提案:ユーザーがある記事の削除の必要性を感じるときに、削除提案をすることができます。削除提案がされているページの一覧は...

      このように書くのはどうでしょうか。

      また、削除依頼を、メッセージウォールで行うのではなく、フォーラムやユーザーページなどに削除依頼のための場所を設けたほうが、どのような削除依頼がされたか/されているかがわかりやすいと思いますが、どのように思いますか。



      編集: 返信に気付かずに投稿してしまいました。すみません。

        エディタを読み込んでいます
    • Rpakrさんの案のように、即時削除から分離してしまうのもわかりやすいです。ただ、その場合は、アドミン本人による削除が投稿者依頼による削除に含まれることがわかりにくいので、即時削除の中に本人削除を復活させる必要があります。どっちがいいでしょうか。

      フォーラムに削除依頼の場所を設けておいて、そこに統一するという方法もありますね。どの方法がユーザーにとって、アドミンにとって楽でしょうか。

      他の方の意見も聞いてみます。

        エディタを読み込んでいます
    • ユーザーがブログ記事本文に「この記事を削除してください」と書いたらすぐに削除してあげたほうが良いでしょうから、投稿者自身の記事の削除依頼は好きな方法でいいんじゃないですかね。ブログ記事本文でもtwitterでもメールでも。アドミンの誰も気付かない方法をとっても誰も気付かないだけなのでどうせ何かしら気付く方法を取るでしょうし。

        エディタを読み込んでいます
    • 削除依頼については、ある程度丁寧に説明しておいてもいいですね。

      1. 削除依頼:ユーザーは、自らの投稿を削除して欲しい意思を表明することで、削除依頼をすることができます。削除依頼の方法には、「削除提案」による方法、記事中に削除して欲しい旨を記載する方法、特定のアドミンに直接依頼する方法、などがあります。投稿者による削除依頼がされた記事は「即時削除」されます。
      2. 即時削除:...
        1. 利用規約違反:...
        2. 公序良俗違反:...
        3. 投稿者依頼:...

      のような感じですかね。

        エディタを読み込んでいます
    • そういえばもうすぐフォーラムが廃止される予定でしたっけ。

      まあ、そのときはフォーラムの後継のどこかで改正条項の改正を議論するしかないですね。

        エディタを読み込んでいます
    • そういえばそうでしたね。フォーラムの後継がどうなるのか次第では、ダミーアカウントまたはふぃっしゅさんのウォールかブログ記事を使うか、何かしらのメインページのトークページを使うとかでしょうかね。

        エディタを読み込んでいます
    • ・方法が多数あると迷いそうだったので一番確実な方法を1つ強調
      ・「アドミンに」意思が伝わる必要があることを強調
      ・アドミンが議論が必要だと考えた場合は削除提案場所で議論がなされることを明記

      の観点で「削除依頼」を改良してみました。

      削除依頼:ユーザーは 〔削除提案(リンク付き)〕 のページにて記事の削除依頼ができます。(そのほかにも、記事中に削除して欲しい旨を記載する、特定のアドミンに直接依頼する、など、アドミンに削除の意思が伝わる方法ならいかなる方法でも削除依頼が可能です。) 投稿者によって削除依頼がされた記事は「即時削除」の方法で削除されます。それ以外の場合で、アドミンが削除のために議論が必要であると考えた場合はアドミンが削除提案に提起します。

        エディタを読み込んでいます
    • 当初は、投稿者以外の削除依頼であれば削除提案をすれば良いので、削除依頼は投稿者のみを考えていました。ただ、よく考えてみれば削除提案は「タグの記入ができること」が必要で、メインページか自分のブログ記事、コメントのみですね。アドミンでなければ、他人のブログ投稿やコメントを編集できないので、削除提案以外の削除依頼方法を用意しておく必要があります。また、誹謗中傷などによる依頼者の権利侵害の申し立ても考えられます。

      Category talk:削除候補にまとめるという方法はありますが、これは削除タグが貼られたページの議論用なので巨大数研究_Wiki・トーク:削除依頼を使いましょうかね。

      削除依頼:ユーザーは削除依頼のページにて記事の削除依頼ができます。(そのほかにも、記事中に削除して欲しい旨を記載する、特定のアドミンに直接依頼する、など、アドミンに削除の意思が伝わる方法ならいかなる方法でも削除依頼が可能です。) 投稿者によって削除依頼がされた記事は「即時削除」の方法で削除されます。それ以外の場合で、アドミンが削除のためにコミュニティの同意が必要であると考えた場合はアドミンが削除依頼のページでの議論または「削除提案」を提起します。

        エディタを読み込んでいます
    • 「削除の議論」に追記:削除依頼のページで議論が発生したときにも同様とします。

        エディタを読み込んでいます
    • 削除依頼について詳しく書いた修正案を提案します。

        エディタを読み込んでいます
    • 現在の案には問題ないと思います。

      • 投稿者依頼の削除では投稿者依頼があったということの証明が必要では?
      • 反対意見が全くなかった場合に改正案が承認されたとみなすまでの時間が72時間なのは短すぎるのではないか?

      些細な疑問もありますが今回はこの案でいいと思います。

        エディタを読み込んでいます
      • 「投稿者依頼」によって削除されたということは「削除の記録」からアドミンに限らず全ユーザーから閲覧可能な状態になります。もし、投稿者依頼がないのに投稿者依頼で削除すると偽って削除するアドミンがいたときには、そのことが投稿者にも見える状態になりますから、そんなことをするアドミンはいないだろう、ということでそこはアドミンを信じる規定としています。
      • 何時間が適切だと思いますか?
        エディタを読み込んでいます
    • このwikiで比較的アクティブなユーザーが72時間に一度投稿しているかというと微妙な感じもしますので、1週間から10日くらいが妥当な気もします。1週間周期で規則的な活動をする個体も多いと思いますので連続する3日間ログインをしないことも想定されますし、改正に迅速性はさほど要求されないでしょうし。

        エディタを読み込んでいます
    • では10日にしますかね。実質的にこの案で運用を開始すれば、制定を急ぐ理由もありませんし。

        エディタを読み込んでいます
    • 4.3.4 の

      削除タグが記入されてから72時間「削除の議論」が開始されなければ、アドミンが「削除の手順」に従って削除します。

      については、どうしましょうか。こちらも240時間にしますか?即時削除の要件を満たせば即時削除できますので、こちらも急ぐ必要はないかもしれません。

        エディタを読み込んでいます
    • 削除後に削除の是非を問えるかどうかで少し変わりそうですね。削除の議論期間後は原則削除の議論を再開できないなら、少し長めが無難かもしれません。削除の議論期間後も削除の議論が再開できるなら、72時間でも良いと思います。(が、その場合は削除の議論期間が過ぎた全ての投稿に対して削除の撤回・履行の再提案をえんえんと繰り返し続けるみたいな行為が可能でかつ何らルールに反さないのが気になりますね。まあそういう自体になったら現行のルールでの管理が困難ということになるのでルール改正が行われるだけでしょうけど)

        エディタを読み込んでいます
    • コミュニティの同意に要する時間は、再定義不可能な定数とするのが自然なので、そろえましょうかね。特段に急ぐ理由があれば、それは即時削除しても問題ないでしょうから。

        エディタを読み込んでいます
    • 4.3.4. と 6. に記載されている時間を72時間から240時間に修正した案を提案します。

      この管理方針が承認されて正式に運用を開始するのは、最短でもこの投稿から10日後になりますが、それまでは試験運用として、この文書に書かれている「削除依頼」「即時削除」「削除提案」等を実行していただくことは構いません。

        エディタを読み込んでいます
    • 240時間で構わないかと思います。承認します。

        エディタを読み込んでいます
    • 今の文面だと巨大数に関係ない記事を削除できることが明言されていない気がします。荒らし行為であってFANDOMの規約等に関係ないものも削除できるように、それらを追記してはいかがでしょうか? その場合、砂場や下書きや書き途中のページなどが削除対象にならないように「巨大数研究に関係のない目的で作成されたページ」のように曖昧な表現の方が無難かもしれません。

        エディタを読み込んでいます
    • その場合は「ユーザーがある記事の削除の必要性を感じる」のであれば削除提案されて、240時間反対意見がなければ削除されます。

        エディタを読み込んでいます
    • なお、いうまでもありませんが通常の記事の編集(書かれた記述の削除あるいはリバート)であれば、アドミン権限は不要でユーザー権限でできることなので、自由にできます。編集合戦が生じないように話し合いは必要です。この規定は「どの記事は許されてどの記事は許されないか」を細かく規定するものではなく、緊急削除の必要がある記事と、それ以外の削除が望ましいとユーザーが感じる記事を分けて、それ以外の記事については「コミュニティの合意」によって削除される、という方針を示したものです。

        エディタを読み込んでいます
    • ちなみに、荒らしのロールバックは可能であることも明記しています。

        エディタを読み込んでいます
    • 最悪、無関係の記事を何十個も新規作成するような荒らしがやってきたとして、全部緊急削除したところで誰も「復帰」要請をするアドミンはいないでしょうね。

        エディタを読み込んでいます
    • Kyodaisuu が記載: 記事執筆ガイドのようなものはあってもいいです。 それは、誰かが作成したものをみんなで編集していけば良くて、フォーラムで承認とかはしなくてもいいですね。 いいものができたら、管理方針にその文書へのリンクを追加してもいいです。

      と書いたように、メインの記事、ブログ記事、ユーザー記事、それぞれどういう基準で作成しましょうみたいなガイドはあってもいいですね。ただ、この管理方針はそれよりも上位の規定という位置付けです。英語版の Policy は一つの参考にはなると思います。あっちも改正の議論がされているようですが。

        エディタを読み込んでいます
    • なるほど。了解です。

        エディタを読み込んでいます
    • #82の修正提案から240時間以内に反対意見がなかったので、改正条項に準じて、本文記載の案が承認されたものとします。

      巨大数研究 Wiki:コミュニティ管理方針の記事を作成します。編集内容の要約に「スレッド:4566の議を経て制定」と記載しておきます。その後、いくつかのページからコミュニティ管理方針へリンクをします。

        エディタを読み込んでいます
    • コミュニティ管理方針を制定するという目的が達成されたので、このスレッドは閉鎖します。今後は、

      • コミュニティ管理方針の最新版はコミュニティ管理方針を、改正履歴については履歴を参照してください。
      • コミュニティ管理方針に対する質問、意見、議論は、フォーラムに新規スレッドを立てるか、トークページを使うなどしてください。(改正案の承認は改正条項に従う必要がありますが、それ以外は場所の制限はありません。)
        エディタを読み込んでいます
このメッセージに「いいね」を付ける
このメッセージには既に「いいね」を付けています
誰がこのメッセージに「いいね」を付けたのかをみる。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。