グーゴルプラックス (googolplux) ( マキシマスミリオン (maximusmillion) や ミリオンプレックス (millionplex) [1]とも)は\(10^{1000000}\)に等しく、1 の後にゼロが100万個並んだ数である。[2] André Joyce はこの数を g(g(3, 2, g(2, 100, 10)), 1, 1, 2, 100, 10)と近似しているが、これは実際の数と比べてあまりにも大きいものである [3]

Jonathan Bowers の -plux 系列を使うと、 googolplux 10100 & 10 & 10 & 10 ... & 10 & 10 & 10(グーゴル個の &)と定義することもできるであろう。

出典

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。