ガーグーゴルプレックスグーゴルプレックスの平方、または\((\)10\(^{10^{100}})^2 = 10^{2\cdot10^{100}}\)と定義される。[1][2]Kieran Cockburn (Alistair Cockburnの息子)が「ぼくの宇宙司令官はガーグーゴルプレックス個の星を持っているんだ。この数はグーゴルプレックスがグーゴルプレックス個っていう事だよ。」と言ったことにより、接頭辞ガーとこの数が生まれた。

この数は\(10^{10^{101}}\)よりも小さい。ガーグーゴルプレックス = \((10^{10^{100}})^{2}\)で、 \(10^{10^{101}}\) = \((10^{10^{100}})^{10}\)である。

ガーグーゴルプレックスはガー-グーゴルプレックスであり、ガーグーゴル-プレックスではない。後者は\(10^{10^{200}}\)で、ガーグーゴルプレックスよりももっと大きい。

出典

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。