オクトネーション(octonation)は、BEAF を使い \(a\ \{\{\{\{\{\{\{\{1\}\}\}\}\}\}\}\}\ b = \{a,b,1,8\}\) と書くことのできる関数である[1]

急増加関数 では、\(f_{\omega \times 7+1}(n)\) に一致する。

出典

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。