Endekalogue.jpg

エンデカログは10に11をテトレーションした数で、{10,11,2}とBEAFでは表せる。[1] ハイパーE表記を用いてE1#11と表せる。[2]この名はSbiis Saibianが名付けた。


他の表記法による近似

記法 近似
指数表記 \(10^{10^{10^{10^{10^{10^{10^{10^{10^{10^{10}}}}}}}}}}\) (正確な値)
矢印表記 \(10 \uparrow\uparrow 11\) (正確な値)
チェーン表記 \(10 \rightarrow 11 \rightarrow 2\) (正確な値)
BEAF \(\{10,11,2\}\) (正確な値)
超階乗配列表記 \((((((((((13!0)!0)!0)!0)!0)!0)!0)!0)!0)!0\)
急増加関数 \(f_2(f_2(f_2(f_2(f_2(f_2(f_2(f_2(f_2(f_2(28)))))))))))\)
ハーディー階層 \(H_{(\omega^2) 10}(28)\)

緩増加関数

\(g_{\varepsilon_0}(11)\) (正確な値)

出典

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。