Fandom


ふぃっしゅ数は、ふぃっしゅっしゅが考案した巨大数である[1]。ふぃっしゅ数には7つのバージョンがある。海外の巨大数論で標準となっているBEAFでは、配列の次元を高次元にして、さらに次元の上の概念を考えることで巨大数を作るのに対して、ふぃっしゅ数では「関数から関数への関数」である汎函数、そしてさらに高次の写像の概念を考えることで、巨大数を作るところに特徴がある[2]

大きさの比較

ふぃっしゅ数バージョン\(n\)を \(F_n\) と書く。ふぃっしゅ数の大きさを比べると、 \[F_1 < F_2 < F_3 < F_5 < F_6 < F_4 < F_7\] となる。バージョン番号は作成された順番につけられ、おおむねバージョンが大きいほど値も大きくなるが、バージョン4は計算不可能な数であり、計算可能なバージョン5と6よりも大きい。他の巨大数との大きさの比較は数の一覧を参照。

他文献での議論

大黒[3]は、雑誌現代思想の中で矢印表記チェーン表記、ふぃっしゅ数を紹介し、ふぃっしゅ数ががそれまでのような何等か別の目的達成過程の副産物ではなく、純粋に巨大数の生成のためだけに考案されているという事実は、巨大数の扱いにおけるゲシュタルトチェンジにおいて重要であると考察している。

近藤[4]は、雑誌現代思想の中で、創造される前にはかつて存在しなかった巨大数は存在していたと言えるのかの議論に関して、ふぃっしゅ数バージョン 1 とふぃっしゅ数バージョン 7 を例に出して議論をしている。

出典

  1. ふぃっしゅっしゅ (2013) 『巨大数論』
  2. ふぃっしゅ数と海外の巨大数の比較
  3. 大黒岳彦, "情報社会にとって「数」とは何か?", 現代思想 Vol.47, No 15, 青土社, 2019
  4. 近藤和敬, "かぞえかたのわからない巨大数は存在しないのか", 現代思想, Vol.47, No 15, 青土社, 2019

関連項目

日本の巨大数論

ふぃっしゅ数: バージョン1バージョン2バージョン3バージョン4バージョン5バージョン6バージョン7
写像: S変換SS変換s(n)変換m(n)変換m(m,n)変換
Aeton: おこじょ数N成長階層
バシク: 原始数列数ペア数列数バシク行列システム
mrna: 段階配列表記
p進大好きbot: 巨大数庭園数
アッカーマン関数: 多変数2重リスト多重リスト
クロちゃん数: 第一クロちゃん数第二クロちゃん数第三クロちゃん数第四クロちゃん数
マシモ: マシモ関数マシモスケール
本: 巨大数論寿司虚空編
大会: 東方巨大数幻想巨大数即席巨大数式神巨大数
掲示板: 巨大数探索スレッド
外部リンク: 日本語の巨大数関連サイト

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。