\(\omega\)(読み方は"オメガ")とは、最小の超限順序数であり、任意の正の整数を超える最小の順序数であり、\(\alpha = 1 + \alpha\) を満たす最小の順序数である。フォン・ノイマンによる順序数の定義に基づくと、\(\omega\)は非負整数全体の集合\(\mathbb{N}\)と等しい。また、最小の無限基数\(\aleph_0\)とみなすこともできる。

ワイナー階層においては、\(\omega\)の基本列は\(0,1,2,\ldots\)で与えられる。この階層を用いると、以下が成り立つ:

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。